×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

釣具の有本

大鯉研究所

マルキュー

メータースペシャル
(オリジナル配合エサ)

※仕掛け等は次回更新時に写真入りで紹介します。

生餌では、タニシ ザリガニを使っています。

タニシは、大型の鯉が釣れると言われますが最近は50a位の鯉も釣れてます。
撒き餌をする量の確保が困難になっています。

ザリガニは、アメリカナマズがよく釣れます。

写真は、タニシ ザリガニ生息地です。田んぼの水路にいますが、コンクリートの壁や杭に付いています。午前中、数時間で捕獲しましたが、最近は一日がかりの時が多いです。

オモリは、40号〜50号のナス型で名古屋天秤にクリップ式捨てオモリです。
魚影が濃い場合や、取り込み後の打ち込みの時は軽めのオモリに替えます。

仕掛けは、巨鯉ハリス6〜8号のフカセ1本針です。

最近、針がかりを良くする為2本針も併用しています。


生餌仕掛け

ラインは、安価な鯉太郎10号で、劣化部分を早めに切捨てています。

オモリは、25号〜30号の小判型でクリップ式捨てオモリです。

仕掛けは、巨鯉ハリス6〜8号 吸い込み3本針で食わせにフカセ針です。

その他、袋仕掛け吸い込みで巨鯉ハリス8号、フカセ2本針針です。

吸い込み団子仕掛け

加工餌では、植物性の配合率多い鯉パワーをベースに、バラケをよくする為スーパー鯉麦等を混ぜ団子を作ります。

食いが渋い時は、巨鯉、タニシ吸い込み、鯉師など動物性の配合の多い餌を使います。

食わせは、コーン(尖帽が付いた物が餌持ちが良い)とサツマイモがメインです。

私のポイント選びは、 水門の左右 ドックの出入り口側 テトラ ヨシ 乱杭 川の流れ込みを目安にしています。
カケアガリを見つけるのも大切です。針を付けず、20号〜25号のオモリを投げ底を調べて、在ればその距離を投げる目標とします。
気を付けたいのは、ドックでの釣りです。漁師さんの邪魔にならないようしています。

ドック
水門の左右
ポイント