×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新河岸川釣行
皆さんこんにちは!今年は冬の寒さが厳しく鯉釣りも一苦労と言ったところですね…今回は地元水郷を遠く離れて東京都内を流れる新河岸川に行って来ました! 新河岸川は潮による流れが絶えずありやむなく我が命とも言える‘ウキ’を諦めミャク釣りを敢行しました。
   
 
首都高の渋滞をくぐり抜け釣り場に着いたのは午前10時を回っていました。本日は大潮。干潮まではあと少しってところでした。本日のテーマは‘のべ竿の限界に挑戦!’って事でリールは使わず、鯉釣り用のべ竿21尺ミチイト、ハリス通しフロロカーボン4号、鯉スレ14 号、オモリ3号の仕掛です!強い流れに対し3号のオモリだけでは対応できません。竿から直角にラインが流れながら留まりそのままの状態でアタリを待ちます。
 
本日のレシピは神通力、鯉タニシ、みどり、マッシュ、あらびきサナギに鯉にこれだ!と油、酒、と水で軟らかく仕上げました!水郷のように餌の配合でバラケを演出するのではなく、流れに任せながら溶けるようなイメージです。
 
    
打ち始めから2時間後ニゴイさんが続けて二匹来ましたがいずれも70pクラスで元気いっぱい引きも強いです!のべ竿に不安を感じながら餌打ちを続けて約2時間やっと待望のアタリが来ました!過去の釣行で当河川の小さなアタリに翻弄された経験を思い出し、すかさず合わせるとキューンと糸鳴りと ともにズッシリと重く力強い引きが容赦なく襲いかかります!リールもなく頼りになるのは自分のアクションのみ!鯉さんの走りに合わせ自らも走り回り必死になだめながらのやり取りの末、70p台の丸々太い鯉さんが来てくれました!やった!本日のテーマはとりあえずクリアかな。
 
ホッと安堵し気持ちが楽になり打ち込みを再開するとその後2時間余りで同サイズが6本来てくれました!高速道路を乗り継ぎ来た甲斐がありました!のべ竿も捨てたもんじゃないな…そろそろ納竿に…と思いながらも胸騒ぎが…とその時小さな新河岸アタリが!今まで同様合わせると竿が立ちません!竿の半分位が水中に引き込まれながら上流に向かって凄いスピードで走って行きます!負けずにこっちも走り
ながら対応しようとしますがどうにも止まりません!50b程走ると少しずつパワーダウンしてきました。しかしとりあえずの走りを止めたのもつかの間掛かりに入られてしまいました!竿を寝かせながら少しずつ引きずり出す事に成功!後はじっくりやり取りをし、鯉さんが浮いた瞬間、眼を疑いました!紅白!しかもでかい!こんなの初めてだ!慎重にネットインした錦鯉さんは91pの元気君でした。新河岸川ありがとう!一生の思い出になりました!また今度のお楽しみに行かせて下さいね。
 
  追伸  3 月26日パシフィコ横浜フィッシングショーマルキューブースにて、私、お手伝いします。よかったら来て下さい!では☆
 
ウキウキ星人の 浮き釣り釣行記